ここから本文です

【ディーラー発】ユーロ軟調(欧州午後)

7月19日(金)21時05分配信 セントラル短資FX

午後に入るとユーロ売りが優勢に。ユーロドルが1.1229付近まで、ユーロ円が120円86銭付近まで水準を切り下げたほか、ユーロポンドが0.8956付近まで値を崩した。一方、ポンドはやや買いが優勢となり対ドルで1.2544付近まで、対円で135円ちょうど付近まで下値を切り上げその後も同水準で底堅く推移。ドル円は引き続き動意に乏しく107円65銭前後で膠着状態となっている。21時04分現在、ドル円107.643-646、ユーロ円120.898-902、ユーロドル1.12313-316で推移している。

最終更新:7月19日(金)21時05分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン