ここから本文です

東京外国為替市場概況・17時 ドル円、伸び悩み

7月19日(金)17時08分配信 トレーダーズ・ウェブ

 19日午後の東京外国為替市場でドル円は伸び悩み。17時時点では107.64円と15時時点(107.63円)と比べて1銭程度のドル高水準だった。欧州勢参入後もドル円の買い戻しが続き、一時107.72円まで上昇した。しかし、昨日のウイリアムズ米NY連銀総裁の発言が見解違いであったとしても、地政学リスクや参議院選挙後の米政権からの円安阻止の可能性など、不安要素が山積みなため上値も限られた。

 ユーロドルは小動き。17時時点では1.1264ドルと15時時点(1.1257ドル)と比べて0.0007ドル程度のユーロ高水準だった。ユーロ円の買い戻しで、堅調に推移する場面もあったが、ユーロドル単体ではトレンドを作るほどの動きにはならず小幅な値動きだった。

 ユーロ円も堅調。17時時点では121.25円と15時時点(121.16円)と比べて9銭程度のユーロ高水準だった。アジア株式だけでなく、欧州株も堅調に始まったことを受けて121.20円台で堅調に推移した。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:107.22円 - 107.72円
ユーロドル:1.1241ドル - 1.1282ドル
ユーロ円:120.84円 - 121.28円
松井

最終更新:7月19日(金)22時08分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン