ここから本文です

17日の米国市場ダイジェスト:NYダウ115ドル安、四半期決算への期待が相場を下支え

7月18日(木)7時47分配信 フィスコ

■NY株式:NYダウ115ドル安、四半期決算への期待が相場を下支え

米国株式相場は下落。ダウ平均は115.78ドル安の27219.85、ナスダックは37.59ポイント安の8185.21で取引を終了した。住宅着工・建設許可件数が予想を下振れたほか、複数の企業決算を受けて寄り付き後はもみ合ったが、トランプ大統領が追加関税を示唆したことで中国が反発、米中貿易摩擦を巡る先行き懸念から下落した。ただし、4-6月期主要企業決算を見極めたいとの思惑から下値は限られた。地区連銀経済報告(ベージュブック)では、前回同様に米経済が緩やかに拡大したことが指摘された。セクター別では、商業・専門サービスや公益事業が上昇する一方で運輸や資本財が下落。

鉄道のCSX(CSX)は、決算内容が予想を下振れ大幅下落。同業のノーフォーク・サザン鉄道(NSC)やユニオンパシフィック(UNP)も連れ安となった。アパレルのラルフローレン(RL)は、ゴールドマンサックスによる目標株価及び投資判断引き下げを受け軟調推移。SNSのフェイスブック(FB)は、同社が発表した仮想通貨「リブラ」が前日から米議会で厳しい追及を受けており売られた。一方で、大手行のバンクオブアメリカ(BAC)は、四半期ベースで過去最高益となる決算を発表し堅調推移。医薬品のアボット・ラボラトリーズ(ABT)と航空大手のユナイテッド・コンチネンタル(UAL)は、決算内容が好感され上昇した。

動画ストリーミングのネットフリックス(NFLX)は、マーケット終了後に4-6月期決算を発表し、一株利益は予想を上振れたものの、売上高は下振れた。契約者数が270万人増と予想を大きく下回り、時間外取引で下落して推移している。

Horiko Capital Management LLC


■NY為替:

17日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円32銭まで上昇後、108円01銭まで下落して、108円10銭で引けた。米国の6月住宅着工件数や住宅着工許可件数が予想を下回ったため米国経済への成長鈍化懸念が再燃。米債利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。その後、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した米地区連銀経済報告(ベージュブック)で全米の経済が緩慢から緩やかに拡大したことが明らかになるとドルは下げ止まった。

ユーロ・ドルは、1.1210ドルから1.1233ドルまで上昇し、1.1220ドルで引けた。ユーロ・円は、121円48銭から121円28銭まで下落。ポンド・ドルは、1.2404ドルから1.2457ドルまで上昇した。ドル・スイスは、0.9896フランから0.9865フランまで下落した。


■NY原油:続落で56.78ドル、原油在庫の減少は想定内にとどまる

NY原油先物8月限は続落(NYMEX原油8月限終値:56.78 ↓0.84)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比-0.84ドルの56.78ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは56.21ドル-58.36ドル。週間在庫統計で石油在庫は5週連続で減少したものの、予想されたほど減少しなかったことやガソリン在庫の予想外の増加で、供給不安を受けた買いは後退した。一部経済指標が市場予想を下回ったことも嫌気されたようだ。


■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC) 29.19ドル +0.20ドル(+0.69%)
モルガン・スタンレー(MS) 43.77ドル -0.66ドル(-1.49%)
ゴールドマン・サックス(GS)213.30ドル -2.22ドル(-1.03%)
インテル(INTC) 49.39ドル +0.22ドル(+0.45%)
アップル(AAPL) 203.35ドル -1.15ドル(-0.56%)
アルファベット(GOOG) 1146.35ドル -7.23ドル(-0.63%)
フェイスブック(FB) 201.80ドル -2.04ドル(-1.00%)
キャタピラー(CAT) 135.73ドル -3.36ドル(-2.42%)
アルコア(AA) 23.15ドル -0.17ドル(-0.73%)
ウォルマート(WMT) 114.60ドル -0.16ドル(-0.14%)
スプリント(S) 7.09ドル -0.13ドル(-1.80%)

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:7月18日(木)7時52分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン