ここから本文です

外部環境悪化や国内需給要因など重なる/後場の投資戦略

7月18日(木)12時19分配信 フィスコ

日経平均 : 21126.12 (-343.06)
TOPIX : 1541.10 (-26.31)

 本日の日経平均は、米中貿易摩擦を巡る先行き懸念や1ドル=107円70銭レベルまでの円高調整を受け、6月末のG20前の水準までの調整を見せている。市場では、下落スピードに拍車がかかった要因に関しては、株主総会シーズンを通過した3月期決算企業による持ち合い株の解消売りなどといった需給要因を指摘する向きがある。また、7月末にかけては、国内企業の4-6月期決算発表の本格化や米連邦公開市場委員会(FOMC)が控えていることからも、持ち高を手仕舞う動きも意識されているようだ。 前日の米国市場において、トランプ大統領が追加関税を示唆したことで中国側が反発するなど、米中貿易摩擦に対する先行き懸念は依然拭えず、外部環境の悪化から日本株に対しても押し目買いを入れ辛い状況である。目先は、前述した7月末に控える国内外のイベントを前に積極的にポジションを傾けにくい展開は継続する可能性が濃厚だろう。相場全体として上値の見込みにくいなか、後場にかけての物色は引き続き直近で好業績が既に確認された銘柄や個別材料株への短期売買に留まりそうだ。《AK》
株式会社フィスコ

最終更新:7月18日(木)12時19分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン