ここから本文です

香港大引け:6日ぶり小反落、米中貿易摩擦の長期化懸念 本土系銀行・石油株に売り

7月17日(水)18時10分配信 トレーダーズ・ウェブ

 17日の香港株式市場でハンセン指数は小幅ながら6営業日ぶりに反落。終値は前日比0.09%安の28593.17ポイントだった。中国企業指数は0.16%安の10847.91ポイント。メインボードの売買代金は概算で600億2000万HKドルと低調だった。

 ハンセン指数は前日の米株安の流れを引き継ぎ、安く始まった。トランプ米大統領が16日の閣僚会議で、中国との交渉は「長い道のり」だとして追加関税の発動に言及し、米中貿易摩擦の長期化を警戒する売りが先行した。前日は5日続伸して終値が5日以来の高値圏だったことから利益確定売りも出やすく、序盤はほぼ全面安となった。もっとも、世界的な金融緩和や中国の経済対策に対する期待は根強く、中盤以降は下げ幅をじりじりと縮小。結局、ハンセン指数は下値支持線として意識された20日移動平均(大引け時点で28496.75ポイント)を上回る水準で引けた。 セクター別では、エネルギーや通信が下げた半面、不動産・建設、消費財製造が上げた。

 ハンセン指数構成銘柄では、中国4大商業銀行の中国建設銀行(00939)と中国工商銀行(01398)、中国銀行(03988)がそろって下げ、相場の重荷となった。原油先物相場の下落を受け、中国石油メジャーのCNOOC(00883)とシノペック(00386)も売られた。製薬の石薬集団(01093)と豚肉大手の万洲国際(00288)は反落した。一方、朝方下げていたテンセント(00700)が小幅ながら上げに転じて引けた。自動車メーカーの吉利汽車(00175)、電動工具大手の創科実業(00669)、香港系不動産デベロッパーの恒隆地産(00101)は続伸した。

 中国企業指数構成銘柄では、前日高かった中国郵政儲蓄銀行(01658)の下落が目立った。5G関連銘柄の中国鉄塔(00788)と都市ガス事業者の中国ガス(00384)は続落。華潤ビール(00291)も安い。一方、セメント大手の中国建材(03323)が大きく買い戻された。自動車株の広州汽車集団(02238)、東風汽車集団(00489)、BYD(01211)が上昇。本土系不動産大手の万科企業(02202)は続伸した。
村山

最終更新:7月17日(水)18時14分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン