ここから本文です

日経平均は66円安と続落、2万1500円割れ、売り一巡後は下げ渋る=17日後場

7月17日(水)15時22分配信 モーニングスター

現在値
ローソン 5,690 +90
7&iHD 4,109 +33
テルモ 3,189 +32
ニプロ 1,236 +26
SBIHD 2,493 -8
 17日後場の日経平均株価は前日比66円07銭安の2万1469円18銭と続落。心理的なフシ目となる2万1500円を割り込むのは6月28日(終値2万1275円92銭)以来。朝方は、米中貿易摩擦に対する警戒感から16日の米国株式が反落した流れを受け、売りが先行した。株価指数先物売りを交えて下げ幅を拡大し、前場中盤頃に一時2万1380円55銭(前日比154円70銭安)まで下落した。一巡後は、下げ渋りの動きとなった。ただ、買い進む動きは鈍く、2万1500円手前で上値が重くなった。

 東証1部の出来高は10億2395万株、売買代金は1兆8421億円。騰落銘柄数は値上がり672銘柄、値下がり1399銘柄、変わらず79銘柄。

 市場からは「米中問題が蒸し返されたが、新規材料ではなく売り込む理由にはならない。かといって買い上がる材料もない。日経平均は下ヒゲで75日線割れを回避したが、『マド』を空けて下げており、早期に戻せないと下に向かう可能性がある」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、テルモ <4543> 、ニプロ <8086> などの精密株が軟調。マネックスG <8698> 、SBI <8473> などの証券商品先物株や、ソフバンG <9984> 、NTTデータ <9613> などの情報通信株も売られた。ファストリテ <9983> 、7&iHD <3382> 、ローソン <2651> などの小売株や、JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株も安い。

 半面、東レ <3402> 、東洋紡 <3101> などの繊維製品株が堅調。国際帝石 <1605> などの鉱業株も引き締まった。ダイキン <6367> 、IHI <7013> などの機械株や、三菱倉 <9301> 、三井倉HD <9302> などの倉庫運輸関連株も買われた。住友鉱 <5713> 、三井金 <5706> などの非鉄金属株も高い。

 個別では、メディアHD <3678> 、SKジャパン <7608> 、ワイヤレスG <9419> 、森永乳 <2264> 、Wスコープ <6619> などの下げが目立った。半面、バロック <3548> がストップ高となり、アスクル <2678> 、イオンファン <4343> 、北の達人 <2930> 、Gunosy <6047> などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、18業種が下落した。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月17日(水)15時22分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン