ここから本文です

スーパーツールが反落、第1四半期は順調に進ちょくするも材料出尽くし感

7月17日(水)16時05分配信 モーニングスター

現在値
スパツール 2,290 ---
 スーパーツール <5990> が反落。16日引け後の決算発表で、20年3月期第1四半期(19年3月16日-6月15日)の連結業績は好進ちょくを示したが、いったん材料出尽くしの動き。株価は前日比8円安の2350円まで値を下げた。

 20年3月期第1四半期は、売上高25億1300万円(前年同期比37.6%増)、営業利益2億9200万円(同19.4%増)。「金属製品事業」は減収・2ケタ減益だったが、「環境関連事業」が売上高11億4500万円(同3.1倍)、営業利益1億3100万円(同5.5倍)と好調に推移して全体をけん引した。同事業では、自家消費用への展開や太陽光関連部材のラインアップ充実に加え、設置コストや運用面で有利な水上設置型メガソーラーの施工実績が伸長。3カ所の発電所の順調な稼働により売電部門も貢献した。

 連結営業利益の上期(3月16日-9月15日)予想4億6000万円(同3.8%減)に対する進ちょく率は63.5%に達し、計算上1億6800万円(同28.1%減)にとどまる第2四半期(6月16日-9月15日)の営業利益予想は保守的な印象。

 17日終値は、前日比8円安の2350円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月17日(水)16時05分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン