ここから本文です

自動売買を駆使してほったらかしで利回り20%!? 仕事で疲弊した元SEが辿り着いたセミリタイア生活

7月17日(水)15時30分配信 HARBOR BUSINESS Online

長期レンジ相場は「ハーフ&ハーフ」リーマンショック前からの約15年間の米ドル/円チャートは、80円から130円くらいのレンジの中で動いている。これを中間の105円で上下に分割し、上を売りから入るゾーン、下を買いから入るゾーンとするのが「ハーフ&ハーフ」。最大ドローダウン(含み損)がレンジ幅の半分(約25円幅)になり、退出リスクを減らすことが可能
拡大写真
長期レンジ相場は「ハーフ&ハーフ」リーマンショック前からの約15年間の米ドル/円チャートは、80円から130円くらいのレンジの中で動いている。これを中間の105円で上下に分割し、上を売りから入るゾーン、下を買いから入るゾーンとするのが「ハーフ&ハーフ」。最大ドローダウン(含み損)がレンジ幅の半分(約25円幅)になり、退出リスクを減らすことが可能
 カリスマトレーダーが極秘テクニックを大公開。厳しい相場でも手堅く勝つサバイヴ流を直撃取材!

◆FX自動売買を駆使して不労所得を実現! 悠々自適のセミリタイア生活

 30代前半の若さで、誰もが夢見る「不労所得生活」を実現した鈴氏。

「私はトレーダーというより、投資家的な目線で相場を見ています。そこで、為替のキャピタルゲイン(トラリピ)、為替のインカムゲイン(スワップ狙い)、株のキャピタルゲイン(トライオートETF)、株のインカムゲイン(株価指数CFD)に投資対象を分散し、それぞれから、月10万~20万円程度を安定的に稼ぐことを狙っています。その中で、現在収益の中心となっているのがトラリピです」(鈴氏)。

 トラリピとは、マネースクエアの提供する自動売買システムのこと。投資家が最初に一定の売買基準を設定すれば、あとは自動的に売買を繰り返してくれる仕組みだ。同種のものには、アイネット証券が提供する「ループイフダン」などが知られている。

「’16年3月から、トラリピを本格稼働させました。500万円から始めて途中で資金を追加し、今は2000万円の投資です。3年ちょっとで累計の純利益は約600万円になりました」

◆放置プレイの魔術師

 この額だけを見れば“億超えトレーダー”のようなインパクトはないが、利回りは実に約20%。さらに特筆すべきは、この利益がほぼほったからしで生まれていることだ。

「トラリピでは、リスク分散のため8つの通貨ペアを売買していますが、いずれの設定も最初からほとんど変えていません。やることは、利益を確認することだけです」

 鈴氏のトラリピ設定では、ハーフ&ハーフという手法を用いている。

◆コツコツ堅実に稼げば、セミリタイアだってできる

「多くの通貨ペアは長期的に見るとレンジ相場を形成しています。たとえば米ドル/円なら80円から130円くらいのレンジ。そこで、そのレンジを上下半分に分けて、上半分(105円以上)のゾーンで売り建て、下半分(105円未満)のゾーンで買い建てをします。トラリピでは必ず含み損が発生しますが、ハーフ&ハーフを用いることで、最大の含み損を半分(25円幅)にすることができる。正直、凄腕トレーダーの方々には憧れますが、私には真似できないし、リスクも取れません。でも、コツコツ堅実に稼げば、セミリタイアだってできるんです」

 鈴氏はこうした手法や設定を詳細にブログで公開している。勝ちづらい軟調相場だからこそ、ほったらかしで儲かるトラリピに注目だ。

◆<私の好きなYouTubeチャンネル>

●両 学長「知識武装で生き残れ!―自由の学問―」

 投資に限らず、貯金や保険、税金、働き方などを含めて「お金」全般のことや、成功哲学まで広く解説してくれるYouTubeチャンネル。「具体的な投資手法ではなく、成功して経済的自由を得るためにはどう行動すればいいのかという考え方の面で、私は非常に影響を受け、参考にしています。更新も頻繁で無料なので、ヒマがあるとずっと見ています。思えば、学校では『お金』についてまったく教えてくれなかった。こういう内容こそ、高校くらいまでに教えてほしかったですね」(鈴氏)

【鈴氏】

大学卒業後、SEとして会社員をしていたが、あまりの激務に疲れ果てて、セミリタイアを決意。試行錯誤の末、トラリピにたどり着き、’18年9月、晴れて退職しセミリタイア。現在は、投資+ブログの収益で生活している。

投資歴 3年(トラリピ)

スタイル 自動売買

初期投資 500万円

ブログ:不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログ

― FX、株、仮想通貨の“神7”が大集合! ―
ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:7月18日(木)14時20分

HARBOR BUSINESS Online

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン