ここから本文です

エヌ・シー・エヌは上値試す、20年3月期増収増益予想

7月17日(水)10時32分配信 サーチナ

エヌ・シー・エヌ<7057>(JQ)は、独自開発の木造建築システム「SE構法」を提供している。20年3月期増収増益予想である。
拡大写真
エヌ・シー・エヌ<7057>(JQ)は、独自開発の木造建築システム「SE構法」を提供している。20年3月期増収増益予想である。
現在値
NCN 1,250 -15
 エヌ・シー・エヌ <7057> (JQ)は、独自開発の木造建築システム「SE構法」を提供している。20年3月期増収増益予想である。株価は6月の高値から反落してIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、調整一巡して上値を試す可能性もありそうだ。
 
■木造建築システム「SE構法」を提供
 
 19年3月JASDAQに新規上場した。独自開発の耐震性の高い木造建築システム「SE構法」を、工務店中心の登録施工店ネットワークを通じて提供している。子会社MAKE HOUSEは住宅業界向けBIMソリューションを開発している。木造住宅向けの構造計算料や建築部材販売が収益柱である。
 
 中期成長に向けて、ブランド展開として高級住宅「重量木骨の家」やMUJI HOUSE「無印良品の家」の知名度向上、および大規模木造住宅(非住宅)分野への展開を推進している。
 
■20年3月期増収増益予想
 
 20年3月期連結業績予想は売上高が19年3月期比6.4%増の69億35百万円、営業利益が9.3%増の2億85百万円、経常利益が10.5%増の3億49百万円、純利益が7.8%増の2億61百万円としている。住宅分野、大規模木造住宅(非住宅)分野とも伸長して増収増益予想である。収益拡大を期待したい。
 
■株価は上値試す
 
 株価は6月の高値1772円から反落してIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、調整一巡して上値を試す可能性もありそうだ。7月16日の終値は1416円、時価総額は約45億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

最終更新:7月17日(水)10時32分

サーチナ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン