ここから本文です

東宝が反発、「コナン」「キングダム」ヒットで20年2月期業績予想を上方修正

7月16日(火)13時33分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
東宝 4,500 -5
 東宝 <9602> が反発している。12日の取引終了後、20年2月期の連結業績予想について、売上高を2418億円から2500億円(前期比1.5%増)へ、営業利益を430億円から450億円(同横ばい)へ、純利益を303億円から315億円(同4.3%増)へ上方修正したことが好感されている。

 第1四半期において、映画事業で「名探偵コナン 紺青の拳」が興行収入90億円を超える大ヒットとなったほか、「キングダム」「映画ドラえもん のび太の月面探査記」「名探偵ピカチュウ」などヒットしたことに加えて、演劇事業や不動産事業も引き続き好調なことが要因という。

 なお、第1四半期(3~5月)連結決算は、売上高677億4200万円(前年同期比2.3%増)、営業利益159億8800万円(同25.4%増)、純利益110億200万円(同36.0%増)だった。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:7月16日(火)13時33分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン