ここから本文です

NY為替:中国の成長鈍化や地政学的リスク上昇を警戒

7月16日(火)7時39分配信 フィスコ

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円99銭まで上昇後、107円84銭まで反落し、107円88銭で引けた。
米国の7月NY連銀製造業景況指数が予想以上に改善したためドル買い優勢で始まった。その後、中国の成長鈍化や米国とイランの緊張で米債利回り低下に伴うドル売りやリスク回避の円買いが優勢となり上値が抑制された。

ユーロ・ドルは、1.1273ドルから1.1253ドルまで下落し、1.1259ドル前後で引けた。ユーロ・円は、121円66銭から121円42銭まで下落した。ポンド・ドルは、1.2542ドルから1.2510ドルまで下落した。ドル・スイスは、0.9823フランから0.9854フランまで上昇した。

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:7月16日(火)7時44分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン