ここから本文です

日経平均は159円安と3日ぶり反落、円高で売り先行、下げ幅拡大の流れに=16日前場

7月16日(火)11時41分配信 モーニングスター

現在値
国際帝石 1,060 -5.5
石油資源開 2,897 -113
出光興産 3,250 +10
JXTGH 501.1 +2
コスモエネ 2,250 +25
 16日前場の日経平均株価は前週末比159円69銭安の2万1526円21銭と3営業日ぶりに反落。朝方は、売りが先行した。15日の米国株式は連日で最高値を更新したものの、円高・ドル安が重しとなった。下げ幅拡大の流れとなり、前場終盤には2万1514円89銭(前週末比171円01銭安)まで下落した。その後の戻りは鈍く、前引けにかけて安値圏で推移した。

 東証1部の出来高は5億5079万株、売買代金は8732億円。騰落銘柄数は値上がり623銘柄、値下がり1427銘柄、変わらず96銘柄。

 市場からは「円高は重しだが、次第安になる理由が釈然としない。ただ、来週から決算発表が本格化するが、決算に対する懸念が背景にあるのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。

 業種別では、JXTG <5020> 、出光興産 <5019> 、コスモエネH <5021> などの石油石炭製品株や、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が軟調。東電力HD <9501> 、東ガス <9531> などの電気ガス株や、ヤマトHD <9064> 、西武HD <9024> などの陸運株も売られた。オリンパス <7733> 、テルモ <4543> などの精密株や、三井不 <8801> 、住友不 <8830> などの不動産株も安い。

 半面、トヨタ <7203> 、デンソー <6902> などの輸送用機器株が堅調。SUMCO <3436> 、文化シヤタ <5930> などの金属製品株も高い。

 個別では、RPAH <6572> 、SKジャパン <7608> がストップ安ウリ気配となり、ベクトル <6058> 、三機サービス <6044> 、ネオス <3627> などの下げも目立った。半面、テラスカイ <3915> がストップ高カイ気配となり、レナウン <3606> 、IDOM <7599> 、インターアク <7725> 、EJHD <2153> などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、31業種が下落した。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月16日(火)11時41分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン