ここから本文です

SKジャパンが急落しストップ安、第1四半期の大幅減益にショック安

7月16日(火)16時07分配信 モーニングスター

現在値
SKジャパ 410 +6
 エスケイジャパン <7608> が急落。12日引け後の決算発表で、20年2月期第1四半期(19年3-5月)の連結営業利益が大幅減益だったことでショック安となった格好。株価は前週末比100円ストップ安の489円をつけ、6月4日の年初来安値490円を更新した。

 20年2月期第1四半期は、売上高14億9400万円(前年同期比1.2%減)、営業利益7900万円(同55.4%減)。主力の「キャラクターエンタテインメント事業」において、「星のカービィ」「ドラえもん」「シャクレルプラネット」「忠犬もちしば」等の定番キャラクターは一定の売上を維持したが、商品構成の変化により利益率が低下。営業利益は9700万円(同39.7%減)にとどまり全体の重しになった。通期の業績予想については、従来の売上高59億3000万円(前期比13.5%減)、営業利益3億円(同61.9%減)を据え置いている。

 16日終値は、前週末比100円ストップ安の489円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月16日(火)16時07分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン