ここから本文です

日立造、ロシアのエンジニアリング会社とモスクワ向けごみ焼却発電プラント設備を受注

7月16日(火)7時35分配信 モーニングスター

現在値
日立造 347 +1
 日立造船 <7004> は12日、100%子会社で、ごみ焼却発電プラントの設計、建設、保守などを手がけるスイスのHiachi Zosen Inovaと、ロシアのエンジニアリング会社PJSC ZiO-Podolskとのコンソーシアムで、ロシア・モスクワ向けごみ焼却発電プラント設備を受注したと発表した。同社グループでは、ロシアでの受注は今回が初めてという。

 今回受注した案件は、モスクワ政府が主導するごみ焼却発電プラント建設計画の一部で、ごみ焼却発電プラントを建設するために設立されたSPC(特別目的会社)であるAlternative Generating Company-1(AGC1)から、ごみ焼却発電プラントの主要設備であるごみクレーンや火格子、排ガス処理設備等の設計、機器供給、据付・試運転時のSV派遣業務(技術指導)などを同コンソーシアムが受注したもの。また、今回の契約では、受注したプラントとは別のサイトで建設される3プラントにおいても、同じ業務所掌で同コンソーシアムが請け負うことをAGC1と合意しているとしている。

 12日終値は、前日比5円安の397円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月16日(火)7時35分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン