ここから本文です

【ディーラー発】ドル円揉み合い(NY午後)

7月16日(火)4時59分配信 セントラル短資FX

午後に入り欧州通貨売りは一服したものの、戻りは鈍い状況。ユーロは対ドルで1.1255前後で膠着状態、対円が121円42銭付近まで僅かに下値を拡げた後、現在も同水準で揉み合い。またポンドは対ドルで1.2515前後で売り買いが交錯、対円が134円95銭付近まで下落し日通し安値を更新するなど上値の重い展開。一方、ドル円は新規の手掛かり材料に欠け、107円90銭前後で方向感無く推移している。4時58分現在、ドル円107.902-905、ユーロ円121.472-476、ユーロドル1.12575-578で推移している。

最終更新:7月16日(火)4時59分

セントラル短資FX

 

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン