ここから本文です

大同工、戻り期待の買いを支えに高値奪回へ、中国環境規制追い風

7月12日(金)7時37分配信 モーニングスター

現在値
大同工 777 +10
 大同工業 <6373> は戻り期待の買いに支えられ、年初来高値(981円、1月25日)奪回が期待される。

 バイクや自動車用、産業機械用の各種チェーン製造大手。20年3月期予想の連結経常利益は前期比55.0%増の25億円と急回復を見込む。前期は、北米や中国で、付加価値の高い自動車用向けが低調で、副資材の値上がりなどが利益を圧迫した。今期は、「副資材の値上がりが一服する。また、中国現地での環境規制の強化を追い風に、産業機械向けチェーンの更新需要が特需的に舞い込んでいる」(管理本部)という。一方、自動車用の中国や北米向けの回復は鈍いが、「インドなどでは成長が続く」(同)としている。

 株価は、年3.9%の予想配当利回りの高さに加え、1株純資産2186円に対して半値以下の水準は割安。

 11日終値は、前日比10円高の891円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月12日(金)7時37分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン