ここから本文です

海外マーケットトピック-パウエル議長、利下げ示唆-力強い雇用市場より下方リスクを強調 =ブルムバーグ

7月11日(木)7時40分配信 トレーダーズ・ウェブ

<市場動向>
・米国株式市場-NYダウは76ドル高 7月FOMCで利下げ実施の可能性を示唆で
・米債券市場-10年物国債利回り、横ばいの2.06%
・NY原油先物-7月限の終値は2.60ドル高の1バレル=60.43ドル
・NY金先物-8月限は前営業日比12.0ドル高の1トロイオンス=1412.5ドル
・CME225先物-大阪取引所比で上昇、21530円で引け
・VIX指数-13.03に低下 米株の上昇で

<市場ニュース>
・5月仏鉱工業生産指数(前月比) +2.1%、予想 +0.2%
・5月英GDP(前月比) +0.3%、予想 +0.3%
・5月英商品貿易収支 115.24億ポンドの赤字、予想 125.5億ポンドの赤字

(要人発言)※時間は日本時間
・10日20:46 メルケル独首相
「体調への心配は必要なく、仕事もできる」
「ギリシャ新首相はすぐにも改革プログラムを実施すると約束」
・10日21:33 パウエルFRB議長
「6月FOMC以降の不透明感が引き続き見通しを曇らせている」
「インフレ圧力は依然として弱い」
「貿易や世界経済の成長見通しに不透明感」
・10日23:34 パウエルFRB議長
「リブラ(Facebookの仮想通貨)に対しては、プライバシー、マネーロンダリング、金融の安定において非常に懸念している」
「トランプ米大統領が辞任しろと要求されても、辞めないだろう」
「6月の雇用指標で、FRBの経済見通しを根本的に変えることはなかった」
「中国との通商交渉再開は良い兆候だが、不確実性は完全に拭い去れない」
「メキシコとカナダとの通商交渉成立は、ポジティブで不確実性を取り除くことにもなる」
・10日23:19 トランプ米大統領
「イランへの制裁を大規模に、まもなく増やすだろう」
・11日03:54 ブラード米セントルイス連銀総裁
「25bpの利下げは大きな影響を与えないだろう」
「利下げは経済の急降下と低インフレになったときの保険」
「現時点での50bpの利下げは行き過ぎ、緩やかな利下げが必要」

<一般ニュース>
・早期利下げの見方多数、全員の説得に至らず-FOMC議事要旨=ロイター
・米、核合意不履行で孤立警告 イランは反論-IAEA特別理事会ど=ロイター
・パウエル議長、利下げ示唆-力強い雇用市場より下方リスクを強調 =ブルムバーグ
・メルケル独首相に健康不安、1カ月で3度目の震え=ブルムバーグ
角屋

最終更新:7月11日(木)7時40分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン