ここから本文です

午後:債券サマリー 先物は4日ぶり反発、米金利低下が支援材料

7月11日(木)16時34分配信 みんなの株式

 11日の債券市場で、先物中心限月9月限は4日ぶりに反発。一時後退していた米国の早期大幅利下げが再燃し、米金利が低下したことが支援材料となった。

 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は、10日に行われた米下院委員会での議会証言で「より緩和的な金融政策の必要性が高まっている」などと発言。これを受けた同日の米長期債相場は横ばいだったが、この日の時間外取引で低下傾向を強め、これが東京市場にも波及する格好となった。また、米CNNテレビが10日に「イラン革命防衛隊が英国のタンカーを拿捕(だほ)しようとして失敗した」と報じたほか、トランプ米大統領がツイッターで「イランへの制裁はまもなく強化される」と投稿したことで、リスク回避目的の買いが入りやすかった面もあった。

 この日の先物9月限は153円63銭で始まり、高値は153円69銭、安値は153円60銭、終値は前日比10銭高の153円62銭。出来高は2兆7245億円となった。

 現物債の利回りは、10年債が前日比0.010%低下のマイナス0.140%、20年債が同0.010%低下の0.220%、30年債が同0.010%低下の0.355%だった。


出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:7月11日(木)16時34分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン