ここから本文です

トヨタ、SUBARUなど自動車株が軟調、パウエル議会証言が円高に誘導◇

7月11日(木)10時55分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
トヨタ 7,368 -15
ホンダ 2,908.5 -1
スバル 3,046 +10
 トヨタ自動車 <7203> 、SUBARU <7270> 、ホンダ <7267> など自動車株が軟調に推移している。前日のパウエルFRB議長の下院委員会での議会証言では金融緩和に前向きな姿勢が確認され、7月末のFOMCではマーケットの思惑通りに利下げが行われる可能性が高まった。ここ2%台を回復しなお上昇含みだった米10年債利回りも前日は4日ぶり反落に転じ、外国為替市場では日米金利差縮小思惑の再燃でドルが売られた。足もとは1ドル=108円台近辺の円高に振れており、自動車セクターは輸出採算悪化への警戒感から売りが優勢となっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:7月11日(木)10時55分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン