ここから本文です

リソー教育が大幅反発、第1四半期営業赤字の縮小好感

7月10日(水)12時40分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
リソー教育 425 +1
 リソー教育 <4714> が大幅反発している。株価は一時10.2%高の519円と4月の急落前の水準を回復している。家庭教師の派遣や個別指導学習塾事業「トーマス」を首都圏中心に手掛ける。9日引け後に発表された20年2月期第1四半期(3~5月)の営業赤字は2億3300万円と前年同期の2億8700万円の赤字から縮小しており、コンセンサス(2億6000万円の赤字)に比べ改善して着地したことが好感されている。

 主力のトーマス(完全1対1の進学個別指導塾)をはじめ、名門会(100%プロ社会人家庭教師)や、「伸芽’Sクラブ(しんが~ずくらぶ)」で新校の開校を順調に進めたことなどで業績拡大につながっている。なお、20年2月期営業利益見通しは据え置いた。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:7月10日(水)12時40分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン