ここから本文です

パナソニック、高濃度セルロースファイバー成形材料を活用し環境配慮型のリユースカップを開発

7月10日(水)7時37分配信 モーニングスター

現在値
パナソニク 894.7 +2.1
 パナソニック <6752> は9日、高濃度セルロースファイバー成形材料を活用した、環境配慮型のリユースカップを開発したと発表した。

 同社では、天然由来成分の高濃度化、および用途拡大の開発を進め、セルロースファイバーを55%以上含有する白色の高濃度セルロースファイバー成形材料の開発に成功。パルプ(間伐材などから精製)を主原料としているため、廃棄する際にも紙製品(可燃物)として分類することができるとしている。屋外におけるイベントや店頭での持ち帰り用のビール類の提供を想定し、8月9日からテスト展開を始めるという。

 9日終値は、前日比6.3円安の936.7円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月10日(水)7時37分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン