ここから本文です

ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反発、前田製作が一時S高

7月10日(水)15時04分配信 株探ニュース

日経JASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
日経JASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
第一建 1,733 -1
和弘食 3,075 ---
グリムス 1,995 -10
協立情報通 1,830 +19
ULSG 2,719 +69
 10日大引けの日経ジャスダック平均は前日比4.50円高の3455.34円と反発。値上がり銘柄数は364、値下がり銘柄数は229となった。

 個別では前田製作所<6281>が一時ストップ高と値を飛ばした。第一建設工業<1799>、和弘食品<2813>、協立情報通信<3670>、ULSグループ<3798>、サンエー化研<4234>など18銘柄は年初来高値を更新。シー・エス・ランバー<7808>、オリコン<4800>、グリムス<3150>、ニッピ<7932>、中央化学<7895>は値上がり率上位に買われた。

 一方、五洋インテックス<7519>が一時ストップ安と急落した。星医療酸器<7634>、コスモスイニシア<8844>など3銘柄は年初来安値を更新。SAMURAI&J PARTNERS<4764>、ジェイ・エスコムホールディングス<3779>、マリオン<3494>、ASIAN STAR<8946>、ウエストホールディングス<1407>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース(minkabu PRESS)

最終更新:7月10日(水)15時30分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン