ここから本文です

午後:債券サマリー 先物は反落、長期金利マイナス0.155%に上昇

7月8日(月)16時01分配信 みんなの株式

 8日の債券市場で、先物中心限月9月限は反落。高値警戒感がくすぶるなか、前週末5日の米長期債相場が下落したことが影響した。

 5日に発表された6月の米雇用統計は、非農業部門の雇用者数が前月比22万4000人増(市場予想は16万人増)となり、米国の早期利下げ観測が後退。同日の米長期金利は上昇し、この流れを引き継ぐかたちで東京市場でも売り圧力が強まった。日経平均株価の下落を手掛かりに下げ渋る場面もあったが、この日は日銀の国債買いオペや財務省による国債入札がなく需給面での材料に乏しいことから戻りは限定的。また、あす9日に実施される5年債入札や、10日と11日に予定されているパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を見極めたいとするムードも強かった。

 この日の先物9月限は153円76銭で始まり、高値は153円84銭、安値は153円75銭、終値は前週末比19銭安の153円77銭。出来高は1兆9082億円となった。

 現物債の利回りは、10年債が前週末比0.015%上昇のマイナス0.155%、20年債が同0.010%上昇の0.205%、30年債が同0.020%上昇の0.350%だった。


出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:7月8日(月)16時01分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン