ここから本文です

霞ヶ関キャピタル---急落、第3四半期の営業損益2.1億円の赤字、計画未達懸念

7月8日(月)14時11分配信 フィスコ

現在値
霞ヶ関キャ 6,370 +1,000
<3498> 霞ヶ関キャピタル 4380 -430
急落。19年8月期第3四半期累計(18年9月-19年5月)の営業損益を2.09億円の赤字(前年同期実績3.03億円の黒字)と発表している。自然エネルギー事業や不動産コンサルティング事業の利益が縮小したほか、ショッピングセンター事業の赤字額が膨らんだ。通期予想は前期比73.1%増の6.40億円で据え置いたが、計画未達への懸念が高まり、売り優勢となっている。《US》

[ 注記 ]

現在値に記載されている「カ」「ウ」は、それぞれ「買い気配」「売り気配」を意味します。気配値を使用していない場合、「カ」「ウ」は記載されておりません。 株価は作成時の株価を表示しております。
株式会社フィスコ

最終更新:7月8日(月)14時12分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン