ここから本文です

東京株式(大引け)=64円高、米株最高値受け反発も寄り後は伸び悩む展開に

7月4日(木)15時51分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
ヨシムラF 974 +12
スシローH 8,600 +210
武田薬 4,370 +67
日エンター 225 -2
資生堂 8,002 -34
 4日の東京株式市場は、前日の米株高を受けリスクを取る動きが強まり日経平均は反発に転じた。ただ、海外投資家の参戦が限られ超閑散商いとなった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比64円29銭高の2万1702円45銭と反発。東証1部の売買高概算は8億2201万株、売買代金概算は1兆4548億6000万円。値上がり銘柄数は1599、対して値下がり銘柄数は467、変わらずは83銘柄だった。

 きょうの東京市場は、主力株中心にリスクを取る動きが強まった。米早期利下げ期待を底流に前日の米国株市場でNYダウなど主要株価指数が揃って最高値を更新、これを受け市場心理が強きに傾いた。ただ、為替市場でドル安・円高に対する警戒感や、中国・上海株、香港株などの動きを横にらみに上値を買い進む動きにも慎重だった。日経平均は先物を絡め上値指向でスタートしたが、寄り後早々にきょうの高値をつける形で取引時間中は上値の重い展開に。4日はNY株市場が独立記念日で休場ということもあって、東京市場でも海外投資家の参戦が限られ、全体売買代金は1兆4000億円台と超閑散商状。ただ、中小型株物色の動きは活発で全体の74%の銘柄が上昇している。業種別では海運のほか、内需の電力や水産、情報通信などディフェンシブセクターが高い。

 個別では、ソフトバンクグループ <9984> が売買代金トップで上値追い。スシローグローバルホールディングス <3563> が物色人気となったほか、ソニー <6758> 、武田薬品工業 <4502> もしっかり。トヨタ自動車 <7203> も堅調。ニトリホールディングス <9843> が買われ、資生堂 <4911> も高い。日本エンタープライズ <4829> 、日本通信 <9424> が活況高、ヨシムラ・フード・ホールディングス <2884> 、オーバル <7727> も大きく値を上げた。象印マホービン <7965> も上昇した。

 半面、ファーストリテイリング <9983> が売られ、HOYA <7741> 、ブリヂストン <5108> も軟調。ジーンズメイト <7448> が大きく利食われたほか、エンビプロ・ホールディングス <5698> 、日本アジア投資 <8518> も安い。インソース <6200> 、Orchestra Holdings <6533> が下落、住石ホールディングス <1514> も値を下げた。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:7月4日(木)15時51分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン