ここから本文です

JASDAQ平均は4日続伸、米国株高などを映して買い継続/JASDAQ市況

7月2日(火)17時26分配信 フィスコ

JASDAQ平均は4日続伸、米国株高などを映して買い継続

現在値
地域新聞社 992 +5
Sフロント 128 -1
ケアサビス 529 ---
免疫生物研 712 +3
リバーエレ 230 -5
JASDAQ平均:3445.54 (+10.50)
出来高:1億4327万株
売買代金:649億円
J-Stock Index:2923.74 (+33.12)


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはいずれも4日続伸した。値上がり銘柄数は327(スタンダード307、グロース20)、値下がり銘柄数は255(スタンダード242、グロース13)、変わらずは68(スタンダード65、グロース3)。 本日のJASDAQ市場は、前日の米国株の上昇などを映して、個人の投資マインドは改善し、短期の値幅取りを狙った低位株や好材料のある銘柄、テーマ銘柄などを中心に買いが継続した。連日の株価上昇に対する警戒感から目先の利益を確保する動きも散見されたものの、日経平均がこう着となるなか、JASDAQ平均は後場にかけてもじりじりと上げ幅を拡大した。 個別では、値動きの軽い低位株物色の流れを引き継ぎリバーエレテク<6666>が急伸し、値上がり率トップとなったほか、バイオ関連物色の流れが波及した免疫生物<4570>、シニア向け施設紹介事業を開始したケアサービス<2425>、ミナトホールディングス<6862>と業務提携に関する基本合意書を締結したと発表したAKIBA<6840>などが値上がり率上位にランクインした。 一方で、決算発表後に急ピッチの上昇に対する警戒感から利食い売りが出た地域新聞<2164>が6%安で値下がり率トップになったほか、ソフトフロン<2321>、LCHD<8938>、五洋インテ<7519>、共栄セキュリティ<7058>などが値下がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、夢真HD<2362>、マクドナルド<2702>、ユニバーサル<6425>などが上昇した
株式会社フィスコ

最終更新:7月2日(火)17時34分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン