ここから本文です

米中首脳会談を好感し、半導体の上昇が目立つ=米国株個別

7月1日(月)23時24分配信 みんかぶFX

 半導体株の上昇が目立っておりIT・ハイテク株をサポート。先週はマイクロン・テクノロジーズがファーウェイとの取引を再開すると伝わっていたが、米中首脳会談でも米企業が、安全保障上問題のない製品についてはファーウェイと取引することを許可することで政府間で合意したことを好感している。フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)も5月7日以来の水準に上昇。

 更に、ウエスタンデジタル(WD)が、三重県四日市市で15日に発生した停電が合弁先の東芝メモリと共同運営するフラッシュメモリー工場の生産に影響を与えたことを明らかにした。同工場の一部操業停止が価格と在庫水準の面で支援材料になる可能性があると見られている。

(NY時間10:21)
マイクロン 40.85(+2.26 +5.86%)
AMD 31.66(+1.29 +4.23%)
ウエスタンデジタル 49.62(+2.07 +4.35%)
エヌビディア 170.21(+5.98 +3.64%)
インテル  48.30(+0.43 +0.91%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

最終更新:7月1日(月)23時24分

みんかぶFX

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン