ここから本文です

日経平均は大幅反発、米中摩擦の激化回避で安心感、太陽誘電15%近い上昇/相場概況

7月1日(月)15時54分配信 フィスコ

現在値
日オラクル 9,170 +140
TDK 8,260 ---
アドテスト 4,100 -15
太陽誘電 2,073 -29
村田製 4,512 -106
 日経平均は大幅反発。注目された先週末の米中首脳会談では、両国が通商協議の再開で一致し、米国は新たな対中制裁関税を課さない方針を示した。先週は会談結果を見極めたいとのムードが強かっただけに、摩擦激化が回避されたことに安心感が広がり、週明けの日経平均は290円高からスタート。半導体関連株や電子部品株を中心に幅広い銘柄が買われ、日経平均は寄り付き後も上げ幅を拡大する展開で、大引けにかけ一時21758.34円(前週末比482.42円高)まで上昇した。


 大引けの日経平均は前週末比454.05円高の21729.97円となった。終値としては5月7日以来、およそ2カ月ぶりの高値水準となる。東証1部の売買高は12億0244万株、売買代金は2兆2028億円だった。業種別では、全33業種がプラスとなり、海運業、金属製品、電気機器、機械、医薬品が上昇率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の94%、対して値下がり銘柄は5%と全面高の展開になった。


 個別では、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、トヨタ自<7203>など売買代金上位は全般堅調。米国が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への部品販売を一部認める方針と伝わり、太陽誘電<6976>が15%近い上昇。その他電子部品株では村田製<6981>やTDK<6762>、半導体関連株では東エレク<8035>やアドバンテス<6857>が大きく買われた。前期決算が市場予想を上回った日本オラクル<4716>も急伸。また、業務停止命令を受けたTATERU<1435>は悪材料出尽くし感が先行し、東証1部上昇率トップとなった。


 一方、売買代金上位では楽天<4755>が逆行安。投資先の米リフト株について評価損を計上すると発表している。業績下方修正を発表したペッパー<3053>も売りが先行。JSR<4185>は一部報道を受け、韓国に対する半導体材料の輸出規制導入を警戒した売りが出た。《HK》
(マーケット概況)
株式会社フィスコ

最終更新:7月1日(月)16時44分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン