ここから本文です

田岡化学-ストップ高 名古屋大とグラフェンナノリボン量産化に向けた共同研究を開始

6月27日(木)13時50分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
田岡化 3,655 -320
 田岡化学工業<4113>がストップ高。同社は27日に、名古屋大学とナノグラフェン・グラフェンナノリボンの製造方法に関する共同研究契約を締結したと発表した。

 また、名古屋大学が出願中であるグラフェンナノリボンに関する特許(特願2017-563871)について、製造実施に係るオプション契約を締結したことも発表した。

 グラフェンナノリボンは、グラフェンをナノメートルサイズの幅に切り出した帯状の物質であり、シリコン半導体を超える半導体特性や透明性・柔軟性などから、次世代のトランジスター、センサー、電子回路などへの応用が期待されている。

 今後は同社と名古屋大学が共同で量産化技術の確立を目的とした研究を行うとしている。
斎藤

最終更新:6月27日(木)13時50分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン