ここから本文です

ビーマップ-反落 NTT東の鯉養殖場環境センシングのIoT実証実験に装置提供

6月27日(木)9時12分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
ビーマップ 967 ---
NTT 5,069 ---
 ビーマップ<4316>が反落。同社は26日に、NTT<9432>傘下のNTT東が福島県郡山市にて実施する鯉養殖場環境センシングのIoT実証実験に、同社が販売するミリ波(60ギガヘルツ帯)を利用した無線伝送装置MetroLinqを提供すると発表した。

 MetroLinqは、企業向けネットワークスイッチおよびワイヤレス製品の開発・製造元として世界的に知られる台湾のAccton TechnologyがIgniteNetのブランドで販売する60ギガヘルツ帯を利用した高速でコストパフォーマンスの高い無線伝送装置という。
 実証実験での機器設置にあたり、建物から養殖池の直線上には、多数の樹木が生い茂ることから、樹木の水分による電波の減衰が問題だった。そこで、建物と養殖池の双方が見通せる場所に中継装置としてMetroLinq 10Gトライバンド・オムニを設置し、樹木を迂回する経路を確保したとしている。しかし、株価へのポジティブな影響は限定的だ。
河賀

最終更新:6月27日(木)9時12分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン