ここから本文です

東京為替:ドル・円は上昇一服、米長期金利の失速で

6月27日(木)14時09分配信 フィスコ

 27日午後の東京市場でドル・円は108円10銭を割り込む水準にやや値を下げる展開。米10年債利回りは2.07%近くに上昇後、2.05%台に失速しドル買いは弱まりつつあるようだ。ただ、日経平均株価や上海総合指数のほか欧米株式先物も堅調地合いを維持し、今晩の株高・長期金利上昇を見込んだドル買い・円売りは継続しているようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円65銭から108円13銭、ユーロ・円は122円42銭から122円80銭、ユーロ・ドルは1.1349ドルから1.1376ドルで推移した。

《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:6月27日(木)14時17分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン