ここから本文です

フルッタFがストップ安ウリ気配、債務超過に伴い上場廃止にかかる猶予期間入り

6月27日(木)10時03分配信 モーニングスター

現在値
フルッタF 433 +17
 フルッタフルッタ <2586> が100円ストップ安の497円ウリ気配。午前10時時点で差し引き16万株強の売り物となっている。東証は26日引け後、同日提出された有価証券報告書の貸借対照表において、事業年度の末日(2019年3月31日)に債務超過の状態であることが確認されたため、上場廃止にかかる猶予期間入り銘柄としたことを発表し、売りが膨らんでいる。

 19年3月期は、主力であるアサイー製品等の販売が下ブレし、アサイー原材料在庫の当初予定消化数量を大きく下回ったことで、3億7500万円の評価損を計上したことから、同期末において7億7500万円の債務超過となった。なお、猶予期間は19年4月1-20年3月31日。

 同社では今後、既存の新株予約権の行使などの資本政策を進めるとともに、新商品の開発と投入でアサイー他アマゾンフルーツの在庫消化を図っていく。さらに、台湾における海外店舗の展開を機に、アジアでのアサイーの認知度を高め、原材料の卸販売などを広げていく。このような取り組みで20年3月期末までには、債務超過の解消を図る方針。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月27日(木)10時03分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン