ここから本文です

大台復帰のビットコイン。新市場「仮想通貨×バイナリーオプション」は勝てるのか?

6月27日(木)15時30分配信 HARBOR BUSINESS Online

ビットオッズは6月に仮想通貨BOのサービスを開始したばかり。前例のないサービスだけに、「新装開店」の賑わいを見せている
拡大写真
ビットオッズは6月に仮想通貨BOのサービスを開始したばかり。前例のないサービスだけに、「新装開店」の賑わいを見せている
 ついに100万円の大台に戻ってきたビットコイン。“ブチ上げ相場”への期待感から、注目が集まっている。そんな最中、仮想通貨×バイナリーオプションという新種の市場が開設された。その魅力に迫る!

◆[仮想通貨バイナリー]で荒稼ぎ!

「1年ぶりにビットコインが100万円を超えました。しかし明日2倍になるかといえば難しい。さすがに上昇速度はにぶります。ですが30秒から1分で資金を2倍にする方法があるんです」

 そう耳打ちしてくれたのは、会社経営者のこたつむり氏。投資で5億円の資産を築き、現在はスマホやカジノ関連ビジネスへ進出するニューリッチ族だ。

「大きく稼げたのは、バイナリーオプション(BO)でした。上がるか、下がるかを予想して、的中すれば掛け金は約2倍に。外せば没収される金融商品です。私が資産を築いた大半は為替のBOでしたが、5月からついに仮想通貨のBOが始まった。これがアツいんです」(こたつむり氏)

 その仕組みとは?

◆『1分後のビットコイン価格が今より上か下か』を当てるだけ

「『1分後のビットコイン価格が今より上か下か』を当てるだけです。購入期間は毎分0秒から30秒まで。上か下かの判定時刻は60秒後なので最短30秒後の上・下を予想する仕組みです」(同)

 こたつむり氏が利用する取引所は「BITODDS(ビットオッズ)」。耳馴染みのない会社だが、信頼性は大丈夫だろうか。

「セキュリティ面で定評があり、機関投資家も利用している『BitGo』と提携しているので、問題ないと判断しています。インターフェースがわかりやすいのもいい。取引を始めて15分で資金が6倍になりました。仮想通貨はトレンドが出ると一方的になることが多く、為替BOよりも勝てるチャンスが多いという印象です」(同)

 昨年だけで3億円を稼いだBO強者の個人投資家・ジョンウン氏も、仮想通貨BOに注目する一人。彼が得意とするのは取引所の隙を突いた「裏ワザ」だ。

「以前やっていたのはシンガポール/ドルのBO。米ドルと連動する通貨なのですが、動くタイミングには時差がある。米ドルが上がったのを見てからシンガポールドルが上がる方向に掛けるだけで勝てた時期があった」(ジョンウン氏)

◆仮想通貨BOで稼ぐ「裏ワザ」とは!?

 この裏ワザは業者が対策済み。今は使えなくなってしまった。

「仮想通貨BOはまだ黎明期で裏ワザが見つかる可能性が高い。マーケットが成熟すれば裏ワザで稼げる余地は減っていくでしょうが、今はまだ前例が少ない。隙は多いはずです」(同)

 すでにビットオッズの研究を始めたジョンウン氏。攻略のヒントを教えてくれた。

「注目はオッズ。ビットオッズでは取引参加者の偏りにより、配当が決まります。上を予想する人が多数なら、下のオッズは2倍を超える。実際に2.5倍を超えることも頻繁です。とはいえ、上がるか、下がるかの確率は丁半博打のようなもの。であるならば、2倍以上のオッズに掛け続ければ期待値はプラスです」(同)

 オッズ2.5倍、勝率50%で1万円ずつ掛け続ければ、2戦後には5000円の利益が残る計算になる。この偏りを味方につけるという発想だ。

「単純に2倍以上の方向に掛け続けてもいいし、テクニカル分析を加えて勝率を高めることもできます。オススメは価格の上がりすぎ・下がりすぎを測る『RSI(相対力指数)』。RSIが20以下なら売られすぎなので、上がる可能性が高い。そのときは下方向のオッズが2倍以上でも見送るべき」(同)

 逆に、RSIが80を超えていれば買われすぎだから、上方向の取引は見送りだ。

◆基軸とアルトの時差を利用したシンプル手法

 前出のこたつむり氏も、やはりテクニカルを使って攻略していた。愛用しているのはボリンジャーバンドだ。

「ビットコインの短期トレーダーには1分足のボリンジャーを見ている人が多いんです。特に『3シグマでの逆バリ』は鉄板です」(こたつむり氏)

 統計的にボリンジャーバンドの3シグマ以内に値動きが収まる確率は99%とされる。

「逆に考えると3シグマに価格がタッチしたら異常事態。反転する可能性が高いということになります。3シグマタッチ後に価格が反転したのを確認したら、その方向にベットしてください。プラス3シグマにタッチして反転したら下、マイナス3シグマタッチ後の反転は上です。短期トレーダーも同じように考えてトレードする人が多いため、このとおりに動きやすいんです」(同)

 もっと手っ取り早く稼ぎたい人には、ジョンウン氏が以前行っていたような値動きのタイムラグを突いた手法もある。

「ビットオッズではビットコインだけでなくイーサリアムやリップルも取引できます。仮想通貨の基軸がビットコインなのは言わずもがな。基軸が動くと、他の主要アルトも遅れて追随することが多い。つまりビットコインが急騰すればイーサリアムやリップルも遅れて上がると考えて、上方向に掛ければいいということ」

 オッズを見て機械的に取引するか、基軸通貨を見ながらアルトコインを狙うか。はたまた王道のテクニカル分析に頼るか――いずれにせよ、始まったばかりでチャンスが多そうな仮想通貨BO。稼ぎやすい時期は、今だ。

【こたつむり氏】

個人投資家。ホストやパティシエなどを転々とするも投資家として大成功。5億円の資産を築き、会社経営者として世界へ進出

【ジョンウン氏】

個人投資家。為替BO業者の隙を突いた裏ワザを得意とし、昨年だけで3億円の利益。一昨年から仮想通貨にも進出し荒稼ぎする

取材・文/高城 泰

― [仮想通貨バイナリー]で荒稼ぎ! ―

<提供元/週刊SPA>
ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:6月27日(木)19時49分

HARBOR BUSINESS Online

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン