ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、小幅続落=米中会談控え様子見ムード(26日)☆差替

6月27日(木)6時11分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】26日のニューヨーク株式相場は、米中首脳会談を今週末に控えて様子見ムードが強まる中、小幅続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比11.40ドル安の2万6536.82ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は25.25ポイント高の7909.97で引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比6863万株減の8億5455万株。
 ムニューシン米財務長官はこの日、CNBCテレビのインタビューに応じ、中国との貿易協議が5月に頓挫した時点で「(合意まで)90%程度のところまで来ていた」と説明。その上で「妥結への道筋はある」と述べ、米中首脳会談での前進に期待を示した。市場では協議の行方に楽観的な見方が広がり、ダウは序盤に一時111ドル高まで上昇した。
 また、前日引け後に良好な四半期決算と業績見通しを発表した半導体大手マイクロン・テクノロジーが急伸。米政府による輸出規制の対象にならないと判断し、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)への製品出荷を再開したことも買い材料視された。インテルなど他の半導体株もつれ高となり相場を押し上げた。原油高を背景にエネルギー株にも買いが入った。
 一方、トランプ米大統領はFOXビジネスのインタビューで、米中首脳会談で貿易協議が不調に終われば、制裁関税「第4弾」を発動すると改めて警告。協議の行方を見極めたいとの思惑から積極的な売買が手控えられる中、ダウは終盤に利益確定の売りに押されてマイナス圏に沈んだ。
 個別銘柄(暫定値)では、トラベラーズが2.9%安、メルクが2.0%安、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が1.8%安。ベライゾン・コミュニケーションズとユナイテッドヘルス・グループ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)はいずれも1.7%安となった。一方、インテルは2.9%高、アップルは2.2%高、ボーイングは1.5%高と上伸。マイクロンは13.3%高と大きく買われた。(了)

最終更新:6月27日(木)8時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン