ここから本文です

メディア工房は下値固め完了、19年8月期大幅増益予想

6月27日(木)9時22分配信 サーチナ

メディア工房<3815>(東マ)は占いコンテンツ事業を主力として、ゲームコンテンツ事業やメディア事業も展開している。
拡大写真
メディア工房<3815>(東マ)は占いコンテンツ事業を主力として、ゲームコンテンツ事業やメディア事業も展開している。
現在値
メディア工 359 -2
 メディア工房 <3815> (東マ)は占いコンテンツ事業を主力として、ゲームコンテンツ事業やメディア事業も展開している。19年8月期は採算改善して大幅増益予想である。株価は安値圏だが下値固め完了して反発を期待したい。
 
■占いコンテンツ事業が主力
 
 占いコンテンツ事業(占いコンテンツ制作・配信のコンテンツ事業、ユーザーと占い師を結びつけるOne to One Marketing事業)を主力として、子会社におけるゲームコンテンツ事業、キュレーションサイト運営のメディア事業なども展開している。
 
■19年8月期大幅増益予想
 
 19年8月期連結業績予想は、売上高が18年8月期比1.3%増の22億円、営業利益が2.1倍の1億50百万円、経常利益が97.9%増の1億40百万円、純利益が3.9倍の80百万円としている。
 
 第2四半期累計は売上高が前年同期比7.3%減収だが、営業利益が36.9%増益だった。主力の占いコンテンツ事業のコスト効率化などで大幅増益だった。通期ベースで好業績を期待したい。
 
■株価は下値固め完了
 
 株価は安値圏だが下値固め完了して反発を期待したい。6月26日の終値は347円、今期予想連結PERは約44倍、時価総額は約39億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

最終更新:6月27日(木)9時22分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン