ここから本文です

前日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?―

6月27日(木)5時20分配信 株探ニュース

ネクソン <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
ネクソン <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
ネクソン 1,696 +24
花王 8,166 -136
資生堂 8,251 +25
コーセー 18,110 +90
バンナムH 5,790 +80
■ネクソン <3659>  1,520円 (-44円、-2.8%)

 ネクソン <3659> が続落。26日付の韓国経済新聞は、創業者の金正宙氏がネクソンの持ち株会社であるNXCの株式売却計画を中止すると報道した。同案件に関わった投資銀行の関係者が情報を明らかにしたという。NXCの買収には、中国のテンセントなども乗り出したことが話題となっていただけに、26日はNXCの子会社であるネクソンに失望売りが出たようだ。

■資生堂 <4911>  8,214円 (-206円、-2.5%)

 資生堂 <4911> 、コーセー <4922> 、花王 <4452> など化粧品関連株が総じて安かった。26日は半導体関連株や電子部品株など主力ハイテクセクターに幅広く買い戻しが入ったが、「薄商いのなか、新規資金が流入した感触はなく、ディフェンシブセクターからの資金シフトの流れにとどまっている」(国内ネット証券アナリスト)という。それを明確に映しているのが資生堂をはじめとする化粧品株の動き。越境ECなど中国関連株の位置づけもあり、26日は中国・上海株市場などアジア株市場が軟調に推移していることも、マイナスに作用している。

■ニチイ学館 <9792>  1,583円 (-29円、-1.8%)

 ニチイ学館 <9792> が3日ぶり反落。26日の取引終了後に発表した5月度の介護サービス利用状況で、訪問介護と通所介護、福祉用具貸与サービスを合わせたサービス利用者数が前年同月比3.3%減の11万6830人となり、前年同月比で減少が続いていることが嫌気された。また、ケアプラン利用者数は同3.8%減の4万1377人で、こちらも前月に続き前年実績を下回った。

■バンナムHD <7832>  5,150円 (-70円、-1.3%)

 バンダイナムコホールディングス <7832> が下落。25日の取引終了後、集英社(東京都千代田区)と、中国において共同出資による新会社を設立すると発表したが、市場の反応は限定的だった。新会社「集英万夢(上海)商貿」は、資本金280万ドル(約3億円)で、バンナムHD51%、集英社49%出資で設立。バンダイナムコグループのトイホビーユニット所属となり、中国における集英社の漫画原作版権のフィギュアや雑貨などの商品の企画、製造を行い、ECサイトなどで販売を行う予定としている。

※26日の下落率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。

株探ニュース(minkabu PRESS)

最終更新:6月27日(木)5時33分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン