ここから本文です

個別銘柄戦略:ファナックやラウンドワンに注目

6月26日(水)9時05分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
パーソルH 2,552 +4
ラウンド1 1,550 -18
クボタ 1,711 -41.5
ソニー 5,866 -183
トヨタ 7,000 +90
25日の米国市場では、NYダウが179.32ドル安の26548.22、ナスダック総合指数が120.98pt安の7884.72と下落し、シカゴ日経225先物は大阪日中比40円安の21040円と小幅安。26日早朝の為替は1ドル=107円20銭台と、25日大引け時点から比べて円高が一服。本日の東京市場は米国株安になびいて売りが優勢となろう。任天堂<7974>やソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、トヨタ自動車<7203>など主力銘柄の値下がりが予想され、日経225先物安とともに、日経平均の構成比が最大のファーストリテ<9983>にも売り圧力が及びそうだ。また、米10年物国債の利回りが節目の2%を下回ったことを嫌気し、三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>など大手銀行株の売りも厚みを増しそうだ。一方で、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたパーソルHD<2181>、ラウンドワン<4680>、クボタ<6326>、ファナック<6954>などに注目。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:6月26日(水)9時08分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン