ここから本文です

<米国株情報>米ブリストルと米セルジーンが急落、統合完了時期を延期

6月26日(水)10時13分配信 モーニングスター

現在値
野村 NASDAQ-100ETF 8,720 ---
野村 NYダウ30種ETF 29,390 ---
P500米株 3,530 ---
P500 ETF 32,550 ---
SAM NYダウETF 26,560 ---
 米医薬品大手ブリストル・マイヤーズスクイブ<BMY>と米バイオ医薬品大手セルジーン<CELG>の株価が24日に急落。ブリストルは7.42%安の45.68ドル、セルジーンは5.5%安の93.47ドルで引けた。ブリストルによるセルジーン買収で、買収完了が当初の7-9月から、19年末から20年初めごろに遅れる見通しとなったことが嫌気された。

 買収承認にはセルジーンの乾癬(かんせん)治療薬「オテズラ」部門の売却が必要条件となっている。米独禁法当局のFTC(米連邦取引委員会)は同事業部門の売却が妥当か検討を続けているため、買収承認が遅れているという。

 オテズラ事業部門の売却は買収完了後の財務の健全性を示すレバレッジ比率(EBITDAに対する有利子負債の倍率)を引き下げる目的もある。

 ブリストルは1月初め、セルジーンを740億ドルで買収することで合意したが、セルジーンの買収総額は承継債務200億ドルを含めると約950億ドル(約10兆2000億円)に達し、米国内の企業買収案件としては19年に入って最大規模となる。ブリストルは買収資金として約320億ドルを新規調達する必要があり、現在の長期債務残高73億ドルが急増する見通し。

 ブリストルの株価は翌25日に0.20%高の45.77ドルと辛うじて反発したが、セルジーンの株価は0.30%安の93.19ドルと戻りは鈍かった。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

最終更新:6月26日(水)10時13分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン