ここから本文です

三井物産、中国ヘルスケア市場向けに中国企業とファンド設立

6月26日(水)7時30分配信 モーニングスター

現在値
三井物 1,817 +1.5
 三井物産 <8031> は25日、中国の華潤集団および厚樸投資と、各子会社を通じて合弁会社CMH Healthcare Holding(CMHヘルスケア)を設立、さらにCMHヘルスケアを通じファンドスキームの共同投資会社CMH Healthcare Fund(CMHヘルスケアファンド)を設立することで合意し、関連契約を締結したと発表した。

 CMHヘルスケアファンドは、総額10億ドル(約1080億円)の規模とし、中国ヘルスケア市場が抱えるさまざまな課題に対し産業の視点から解決をもたらすことや、中国を中心とした病院事業(クリニック・専門病院運営、運営受託等)や、中国内外のヘルスケア周辺事業を対象に投資を行う。三井物産、華潤、厚樸投資も各子会社を通じ一部出資参画するほか、参画を希望する投資家を国内外から募るとしている。

 25日終値は、前日比29円安の1755.5円。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月26日(水)7時30分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン