ここから本文です

小野薬が5日ぶり反発、米Rafael社とのライセンス契約締結を材料視

6月26日(水)10時37分配信 モーニングスター

現在値
小野薬 1,991.5 -63
 小野薬品工業 <4528> が5日ぶりに反発し、一時25.5円高の1884円を付けている。25日引け後、米Rafael Pharmaceuticals(ニュージャージー州、Rafael社)と、Rafael社が開発を進めるがん代謝阻害剤「CPI-613(devimistat)」およびその関連化合物を独占的に開発および商業化するライセンス契約を締結したと発表、材料視された。

 今回の契約で同社は、日本、韓国、台湾およびASEAN諸国において、適応症にかかわらず「devimistat」およびその関連化合物を独占的に開発および商業化する権利を取得する。同社は、契約一時金として14億円、開発の進ちょくおよび売上高に応じたマイルストーンとして最大162億円を支払う。また、上記地域における「devimistat」およびその関連化合物の売上高に応じた2ケタ台のロイヤルティーをRafael社に支払うとしている。

 午前10時33分時点の株価は、前日比17.5円高の1876円。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月26日(水)10時37分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン