ここから本文です

ローソン銀が参入、キャッシュレス決済の「手数料引き下げビジネス」とは

6月26日(水)6時01分配信 ダイヤモンド・オンライン

ローソン銀行は、キャッシュレス決済の手数料削減ビジネスに目をつけた Photo:JIJI
拡大写真
ローソン銀行は、キャッシュレス決済の手数料削減ビジネスに目をつけた Photo:JIJI
 コンビニエンスストアでキャッシュレス決済の導入が次々に進んでいる。ローソンの竹増貞信社長は、傘下のローソン銀行が、キャッシュレス決済を導入した事業者や、決済サービスを提供する企業が負担している手数料を引き下げるための新規事業に、年内にも乗り出す考えを明らかにした。(ダイヤモンド編集部 岡田 悟)

● 「決済を簡略化して、手数料を安く抑える」

 2018年10月にサービスを開始したローソン銀行。セブン-イレブン・ジャパンやファミリーマートといったコンビニの競合大手が自前のキャッシュレス決済サービス開始を見込む中、ローソンが目を付けたのは、銀行免許を活用した、他社のキャッシュレス決済のコスト削減ビジネスだ。

 ローソンの竹増貞信社長は、「キャッシュレス決済サービスの根っこにあるのは手数料の問題。決済そのものに参入するのではなく、決済の過程を簡略化して、手数料を安く抑える仕組みを作る」と本編集部の取材に答えた。開始は年内を目指すとしている。

 LINEの「LINE Pay」やソフトバンクグループの「PayPay」、メルカリの「メルペイ」など、IT各社はQRコードやバーコードを表示させるキャッシュレス決済サービスの普及を加速させている。消費者向けの大胆なポイント還元策はもちろんのこと、小売店など決済サービスを導入した加盟店が支払う手数料を期間限定で無料にしたり、一部還元するなどしたりして、サービスを活用する場の拡大競争を続けている。
 ただ、消費者が決済アプリにお金をチャージする際、アプリを提供しているこれらのIT企業は、銀行やクレジットカード会社に一定の手数料を支払う必要がある。契約ごとに差があるものの、クレジットカード会社にはチャージ金額の2%弱、銀行にはチャージ1回当たり120円程度かかるという。

 LINEなどは本来、これを上回る手数料収入を得なければ採算が取れない。だが彼らは現状、自社サービスの利用範囲の拡大を優先するため、グループ全体の財務基盤を生かして、加盟店からの手数料を割り引いている。こうした構造は、いずれはキャッシュレス決済の普及を阻む要因となりうる。

 ローソン銀行は2018年8月に金融庁から銀行免許の交付を受けた。プリペイドカードアプリ「バンドルカード」を展開しているカンムの八巻渉社長は、「銀行間であれば、消費者がチャージした金額を一定量にまとめて、非常に低い手数料でやり取りすることが可能だ」と話す。

 消費者がアプリにチャージする際、ローソン銀行が既存の決済手段より低い手数料でチャージを請け負うことができれば、その分、加盟店手数料も安く抑えられるようになるというわけだ。

 竹増社長は新規事業の詳細について、「金融庁と最終調整中のため、詳しくはお話しできない」としつつも、「銀行免許がなければなかなかやりにくいサービスだ」とも述べた。「ローソン以外の企業にもサービスを使ってもらうことを目指す」とも語っており、将来普及すればキャッシュレス決済市場の拡大を加速させる可能性がある。

 7月には、国内コンビニ最大手のセブン-イレブンの店頭で同社グループ独自の決済サービス「7Pay」が、2位のファミリーマートでも独自の「FamiPay」が使えるようになる。ローソン銀行が自前のキャッシュレス決済サービスに乗り出すかどうかについて竹増社長は「今はやらない。今後の行く末を見て、ローソンとしての解を出す」と述べるにとどめた。

 セブングループのセブン銀行が銀行免許を交付されたのは2001年。当時は革新的だった「コンビニATM」というビジネスモデルを生み出した。それから17年を経たローソンの銀行への免許交付に対しては、「今さらなぜという感じだ」(あるメガバンク首脳)といった見方が多かった。
 
 ローソン銀行の今回の新規事業が軌道に乗れば、「セブン銀の猿真似」という業界の批判をかわす一手になるだろう。ただ、新規事業の魅力が他社よりも低い決済手数料という価格勝負になってしまえば、高収益は見込めそうもない。銀行やカード会社などの金融機関が手数料を引き下げれば、消耗戦に陥る可能性すらある。

 キャッシュレス決済の拡大という新たな局面の中で、ローソン銀行は新機軸を打ち出せるだろうか。
ダイヤモンド編集部/岡田 悟

最終更新:6月26日(水)6時01分

ダイヤモンド・オンライン

 

情報提供元(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

2019年7月20日号
発売日7月13日

定価710円(税込み)

特集 三菱・三井・住友
財閥グループの真実
特集2 「MMT」の真実
特集3 スルガ銀行 創業家との決別

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン