ここから本文です

投資家の米長期国債保有が中立に転じる=JPモルガン調査

6月26日(水)9時27分配信 ロイター

 6月25日、JPモルガンが公表した週間調査によると、投資家の米長期国債保有が中立に転じた。米連邦準備理事会(FRB)が利下げを行う用意があると示唆したことが背景。写真は米ドル紙幣。2016年11月に撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)
拡大写真
 6月25日、JPモルガンが公表した週間調査によると、投資家の米長期国債保有が中立に転じた。米連邦準備理事会(FRB)が利下げを行う用意があると示唆したことが背景。写真は米ドル紙幣。2016年11月に撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)
[25日 ロイター] - JPモルガンが25日に公表した週間調査によると、投資家の米長期国債保有が中立に転じた。米連邦準備理事会(FRB)が利下げを行う用意があると示唆したことが背景。

調査によると、ベンチマークと比べて米長期国債の保有が多い「ロング」の投資家の比率と保有が少ない「ショート」の投資家の比率は共に21%だった。

前週の調査では、ロングの比率がショートの比率を4%ポイント上回っていた。

ベンチマーク並みに保有する「中立」スタンスの投資家の割合は58%で、前週の54%から上昇した。

最終更新:6月26日(水)9時27分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン