ここから本文です

レナーが続伸 決算が予想上回り住宅市場の回復を示す=米国株個別

6月25日(火)23時28分配信 みんかぶFX

 米住宅建設大手のレナーが続伸。3-5月期決算を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回った。新規受注も予想に反して増加した。今回の決算は米住宅市場の回復を示した格好。

 同社のミラー会長は声明で、「第2四半期の業績は住宅市場の回復に加え、第1四半期が悪天候により出荷が延期になっていた分、恩恵を受けた」と述べた。また、ベックウィットCEOは「住宅ローン金利の低下が需要喚起につながった。2019年に5万戸超の住宅提供という目標に向けて、顧客にインセンティブを提供し続ける」と述べている。

(3-5月・第2四半期)
・1株利益(調整後):1.30ドル(予想:1.14ドル)
・売上高:55.6億ドル(予想:51.0億ドル)
・住宅販売粗利益率:20.1%(予想:20.2%)
・新規受注:+1%(予想:-4.24%)
・受注残:-3%
・新築住宅引き渡し:+5%

(NY時間10:28)
レナー 51.91(+0.50 +0.97%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

最終更新:6月25日(火)23時28分

みんかぶFX

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン