ここから本文です

日経平均は44円安と反落、一時上げ転換も買い続かず、円高に上海株安が重し=25日前場

6月25日(火)11時42分配信 モーニングスター

現在値
国際帝石 957.9 -21.3
日本紙 1,930 -5
大王紙 1,281 -2
出光興産 3,165 -90
JXTGH 526.8 -12.2
 25日前場の日経平均株価は前日比44円71銭安の2万1241円28銭と反落。朝方は、24日の米国株式は高安まちまちながら、円強含みもあって売りが先行した。その後上げに転じる場面もあったが、買いは続かず、再び軟化。円高・ドル安歩調とともに中国・上海総合指数安が重しとなり、前場終盤には2万1205円18銭(前日比80円81銭安)まで下落した。一巡後は下げ渋ったが、戻りは限られた。

 東証1部の出来高は4億8708万株、売買代金は8038億円。騰落銘柄数は値上がり1184銘柄、値下がり857銘柄、変わらず103銘柄。

 市場からは「米中首脳会談を前に手が薄いなか、円高や中国株安をにらみ、さえない展開だ。中東情勢を見極めたいとの空気もあり、海外投資家は見送り状態だ。ただ、下がれば買いが入り、比較的値持ちは良い方だ」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、国際帝石 <1605> などの鉱業株や、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株が軟調。大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券商品先物株も売られ、東電力HD <9501> 、東ガス <9531> などの電気ガス株も安い。

 半面、日本紙 <3863> 、大王紙 <3880> などのパルプ紙株が堅調。JFE <5411> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株や、住友鉱 <5713> 、三菱マテリアル <5711> などの非鉄金属株も買われた。阪急阪神 <9042> 、ヤマトHD <9064> などの陸運株も高い。

 個別では、ITM <2148> 、ワイヤレスG <9419> 、JDI <6740> 、マクセルHD <6810> 、ベイカレント <6532> などの下げが目立った。半面、アトラエ <6194> 、アジア投資 <8518> 、DLE <3686> 、日本通信 <9424> 、壱番屋 <7630> などの上げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、20業種が上昇した。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月25日(火)11時42分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン