ここから本文です

【ディーラー発】欧州通貨弱含み(欧州午後)

6月25日(火)21時04分配信 セントラル短資FX

午後もユーロの軟調地合いが継続し、対ドルで1.1376付近まで、対円で121円72銭付近まで続落。また、ポンドも英債利回りの低下に伴い対ドルで1.2717付近まで反落し、対円で136円23銭付近まで水準を切り下げるなど欧州通貨は弱含み。一方、ドル円はパウエルFRB議長ら複数のFRB当局者の発言を控える中、106円91銭付近では押し目の買い、107円13銭付近では戻り売りに挟まれ、神経質な値動きとなっている。21時04分現在、ドル円107.099-102、ユーロ円121.939-943、ユーロドル1.13857-860で推移している。

最終更新:6月25日(火)21時04分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン