ここから本文です

【ディーラー発】ユーロ売り進展(欧州午前)

6月25日(火)18時05分配信 セントラル短資FX

欧州勢参入後は、独・10年債利回りが過去最低水準まで低下したことを背景にユーロ売りが進展。対ドルで1.1381付近まで、対円で121円80銭付近まで軟化しそれぞれ本日安値を更新。一方、ポンドは英国債利回りの上昇を受け強含み、対ドルで1.2783付近まで、対円で136円84銭付近まで上伸する場面が見られた。また、東京時間終盤に約5ヵ月半ぶりの安値をつけたドル円は再び107円台を回復している。18時05分現在、ドル円107.073-076、ユーロ円121.898-902、ユーロドル1.13846-849で推移している。

最終更新:6月25日(火)18時05分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン