ここから本文です

今日の株式見通し-軟調か 米国株は小動きで手掛かり難

6月25日(火)8時22分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は軟調か。米国株はまちまち。ダウ平均は8ドル安の26727ドルで取引を終えた。一方、S&P500とナスダックは下落している。G20を前に様子見姿勢が強く、主要3指数とも終盤にかけて失速した。ドル円は足元で107円30銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて65円安の21165円、ドル建てが50円安の21180円で取引を終えた。

 きのうの日本株は、東証一部の売買代金が今年最低を更新する薄商いとなった。米国株が小動きで新たな手掛かりが乏しい状況では、閑散ムードが一段と強まる可能性が高い。CME225先物からは下落スタート(24日の日経平均終値:21285円)が見込まれるが、米国とイランの対立激化も懸念される中、リスク回避の売りが強めに出る展開も想定される。ドル円も依然107円台前半と円高基調が続いており、上値の重さが強く印象付けられる地合いが続くだろう。日経平均の予想レンジは21050円-21200円。

最終更新:6月25日(火)8時22分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン