ここから本文です

太平洋工が反発、国内有力調査機関が投資判断を引き上げ

6月21日(金)13時58分配信 みんなの株式

現在値
太平洋工 1,593 -1
 太平洋工業 <7250> が反発している。東海東京調査センターが20日付で投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上げ、目標株価を1600円から1680円としたことが好材料視されているようだ。

 同センターでは、20年3月期連結業績予想について、売上高1550億円(前年比6.9%増、会社計画同じ)、営業利益103億円(同0.1%減、会社計画100億円)と前期並みの水準を確保すると予想。また、21年3月期並びに22年3月期は、堅調なトヨタ向けプレス製品の受注増加や、タイヤバルブでの中国市場における継続生産車種へのTPMS(タイヤ空気圧監視装置)の装着義務化による販売増加を見込み、営業利益118億円(同14.6%増)、125億円(同5.9%増)を予想している。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:6月21日(金)13時58分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン