ここから本文です

日経平均は5円程度高、買い先行後は伸び悩み=21日寄り付き

6月21日(金)9時30分配信 モーニングスター

現在値
国際帝石 951.2 +16.1
石油資源開 2,423 -5
出光興産 3,070 +60
JXTGH 511.6 +4.1
日本製鉄 1,782 +8
 21日午前9時25分すぎの日経平均株価は、前日比5円程度高い2万1470円近辺で推移する。午前9時18分には、同34円96銭高の2万1497円82銭を付けている。朝方は、きのう20日の堅調な地合いや、現地20日の米国株式が金利引き下げの期待感が継続し4日続伸した動きなどから、買いが先行。ただ、為替市場でドル・円相場が円高に振れていることが意識され、伸び悩み商状となっているようだ。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、20日の大阪取引所終値比30円高の2万1430円だった。

 業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株が上昇。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、三井金属 <5706> 、住友鉱 <5713> などの非鉄金属株も高い。日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、中部電力 <9502> 、東ガス <9531> などの電気ガス株も堅調。日立 <6501> 、ソニー <6758> などの電機株や、日本紙 <3863> 、大王紙 <3880> などのパルプ紙株も上げている。

 個別では、クボテック <7709> 、出光興産 <5019> 、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> 、オーケストラ <6533> などが上昇。半面、ネクソン <3659> 、モリト <9837> 、アルトナー <2163> 、DLE <3686> 、七十七銀行 <8341> などが下落している。

 東京外国為替市場は午前9時25分時点で、1ドル=107円台の前半(20日終値は1ドル=107円67-68銭)、1ユーロ=121円台の前半(同121円64-68銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月21日(金)9時30分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン