ここから本文です

マザーズ指数は3日ぶり大幅反落、IPOブランディングは値付かず/マザーズ市況

6月21日(金)16時14分配信 フィスコ

[マザーズ市況]

現在値
シェアT 681 ---
メルカリ 2,678 ---
IPSin 1,091 ---
アメイジア 3,270 ---
サンサン 5,820 ---
[マザーズ市況]*16:13JST マザーズ指数は3日ぶり大幅反落、IPOブランディングは値付かず 21日のマザーズ指数は3日ぶり大幅反落となった。前日の米株式市場で、7月の利下げを確実視する見方が強まったほか、月末の米中首脳会談での協議進展への期待感からS&P500種株価指数は史上最高値を更新するなど、良好な外部環境を背景にマザーズ指数は朝方から節目の900ptをキープして底堅いスタートとなった。その後は、中東情勢を巡る地政学リスクの高まりや円相場が1ドル=107円割り込みを窺うような円高基調となるなか、次第にマザーズ銘柄に対する利益確定売りの動きが強まった。なお、売買代金は概算で1107.60億円。騰落数は、値上がり76銘柄、値下がり202銘柄、変わらず6銘柄となった。 値下がり率上位銘柄では、Amazia<4424>、シェアリングテクノロジー<3989>や前日に上場したピアズ<7066>が大幅安になった。売買代金上位では、オンコリス<4588>、サンバイオ<4592>、メルカリ<4385>、JMC<5704>、レアジョブ<6096>が軟調。一方で、フィリピンで5Gに用いる周波数の割当通知を受領したips<4390>のほか、Sansan<4443>、インパクトホールディングス<6067>、Kudan<4425>、モルフォ<3653>は上昇。 なお、本日マザーズ市場に上場したブランディングテクノロジー<7067>は買い気配のまま初値付かずで大引けを迎えた。《SK》
株式会社フィスコ

最終更新:6月21日(金)16時46分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン